体の気をつけるポイント~結婚式・披露宴お呼ばれ服装

結婚式のドレスで気をつけること
結婚式や披露宴で気をつけるポイントの体編です。体で気をつけるポイントは、ずばりドレスです。

あなたは、結婚式でどんな服装にしようと思っていますか?

いろんな服装があるかもしれませんが、結婚式・披露宴でのお呼ばれドレスは、フォーマルドレスが一番です。

なぜなら、結婚式では礼服を着るのがマナーで、カジュアルなものは、まわりの人に嫌がられてしまうからです…。

そんなフォーマルドレスで気をつけるポイントを3つ紹介します。

最初に絶対におさえておきたい、基本的なNG二色

使いやすい色である黒や白ですが、お呼ばれドレスでこの単色ドレスを着るのはNGです。

なぜかというと、白は花嫁さんの色で、黒は葬式で着る色だからです。

白の場合、ベージュやクリームならOKとする人もいますが、写真うつりが白くなってしまうこともあり、着ないのが無難。

また、黒のドレスで白のボレロという人もいるかもしれませんが、披露宴では座っている時間が長く、上半身白一色になってしまうことも。

やっぱり、黒や白以外を選ぶのがいいですね。

でも、あなたはもしかしたら、明るい色が苦手かもしれません…

でも大丈夫です!ネイビー(紺色)はシックで品もあって人気があるんです。昼の披露宴の場合は、明るめのバッグをもって華やかにしてくださいね。

プールヴーに、こんなドレスがありますよ

清楚な上品ワンピ~ストライプレースワンピース 大人のクラシカルワンピース
清楚な上品ワンピ~ストライプレースワンピース 大人のクラシカルワンピース

(昼の式には、ボレロやショールと一緒に着て上品に仕上げよう)


かわいらしく、女性らしく。カシュクールラップワンピで、美しい細身シルエットの完成。
かわいらしく、女性らしく。カシュクールラップワンピで、美しい細身シルエットの完成
(ショールやボレロと一緒に着用すると、より露出が減って上品になります)


高級ドレスが激安のプールヴー

 

露出は許されるの?胸元、肩を見せてもいい条件

昼の披露宴では、露出が多いものはNGです。
胸元や背中がぱっくりとあいているキャバドレスのように派手なものは着ないようにしましょう。

同じく、肩にも要注意。ノースリーブ、肩出しのドレスは、昼のフォーマルな場ではNGです。

ただしカジュアルな場面ではOKとされています。
逆に、フォーマルな場でも、夜の披露宴では多少露出することがマナーとされています。

膝が隠れる程度の長さ

中には、太ももくらいのミニ丈ドレスを着る人もいます。

ですが、お辞儀をしたときに後ろからみると、太ももが見えてしまい、下品に…。

安心なのは、膝丈。

逆に長すぎてもおかしくなってしまいます。マキシ丈のようなもので脚をすっぽりと隠すと、上品さにかけてしまいます。

ドレスの丈に気を配ってみてくださいね。

 

昼と夜の違いは…

昼のドレスのポイント 色は明るめで露出を少なくすること。光るものは避け、清楚な感じにする。
夜のドレスのポイント はっきりした色合いを使い、露出を出す。光り輝く生地にし、丈は膝上でも良い(ただし短すぎないように)

 

昼と夜の違いを理解した上で、フォーマルドレスを着れば、見た目としても、人の品格としても、式場で品良くうつります

でも、マナーを気をつけたりすることが大変かもしれませんね…

それでも、新郎新婦が喜んでくれて、結婚式・披露宴も無事終わってくれたら、この上ない喜びですよね♪

もう少し結婚式に着るお呼ばれドレスに関するマナーを知りたかったらこちら
とある結婚式の服装に悩む姉と結婚式場で働く妹の会話
結婚式お呼ばれドレスのマナー~NG服装とOK服装

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ