頭の気を付けるポイント~結婚式・披露宴お呼ばれ服装

結婚式の頭・ヘアースタイルで気をつけること
結婚式や披露宴のお呼ばれ服装の気を付けるポイント、頭編です。

頭といえば、ヘアースタイルもそうですが、飾り物にも注意。かわいいからって、お花の飾りを乗っけようとしていませんか…?

ロングヘアー(長い髪の毛)の注意点

ロングの女性は、アップスタイルにすることが、フォーマルな場でのマナーです。

その理由、なぜかご存知ですか?

 
披露宴では食事が出ます。髪がないと、食事の皿などの中に、髪の毛が入ってしまうと不衛生ですよね。

ただし、「髪をきれいにしてるから」とか、「入らないように気をつけるから大丈夫」ということではないんです。

他の人からみて、長い髪の毛をそのままにしているのは、フォーマルな場ではきちんとしていないように見えてしまうんです。

 
逆に、アップスタイルにしているときちんとしているように見えて、ポイント高くなりますよ。

 
それに、髪が長いと、どうしても髪が髪にいきがち。髪の毛に触ることもNGですし、ふりふりしてしまうのもNGなのです。

美容院で華やかに仕上げる

やっぱり、普段の髪よりも華やかにして新郎新婦を祝ってあげたいですよね。

自分でやるのもいいのですが、きっちりと決めるのは難しいと思います…

当日に予約をしておいて、美容院の人に仕上げてもらった方がいいですよ。

相手もプロですから、きれいにきめてくれるんです。

どんなヘアースタイルがいいか、あらかじめ写真をもっていってくださいね。きっと、思い通りに仕上げてくれますよ。

ヘアアクセサリーで華やかに♪ただしお花は…

ヘアアクセサリーも一緒につけると、華やかさがアップしますよ♪

ただ、必須ではないので、予算の許す限りでどうぞ。

バッグやアクセサリーと同じく、昼は光らないパールなど、夜はキラキラと光るようなものです。

 
ただし、お花の飾り物はNGです。
頭に花の飾り付けは、花嫁さんだけに許される特権なのです。

お花のコサージュはつけないようにしてくださいね。

それと同じで、ティアラもNG。ティアラは花嫁さんが付けるので、ゲストの方は付けられません。

花嫁さんと同じ格好をしてはならないし、花嫁さんより目立ってはいけない、ということを念頭に置けば、NG服装にはならないですね☆

花嫁さんと同じ格好をしない、花嫁さんより目立たないように

 
今回のまとめ

  • ロングヘアーはアップに
  • 当日は美容院で仕上げてから式へ行こう
  • ヘアアクセサリーは、昼の披露宴ならパール、夜ならキラキラしたもので
  • 頭に花・ティアラはNG

 

女性のおしゃれとしては、頭も重要なアピールポイント。

ドレス・バッグ・靴と一緒に、頭も華やかに仕上げれば、式が一段と素敵なものに仕上がることは間違いありません。

でも、若干めんどうに思ってしまうかもしれませんね…。

しかし、意味があってこそのフォーマルマナーなので、きちっと守れば、あなたの株が上がることは間違いありませんよ!
ちょっとした気遣いで、式もスムーズに進んでくれたら、こんなにいいことってないと思います。

結婚式の服装を選ぶなら、
フォーマルな場面に合う上品さながら、通常の何倍もの安さを兼ね備えた通販がおすすめ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ