足元の気をつけるポイント~結婚式・披露宴お呼ばれ服装

結婚式のくつで気をつけること
結婚式や披露宴で気をつけるポイントの足元編です。お呼ばれ用の服装で、足元で気をつけるポイントは、ずばり”靴”です。

あなたは、フォーマルドレスをきたら、どんな靴がいいと思いますか?

女性のおしゃれ靴はいろいろあると思います。ですが、フォーマルな場では、パンプスが一番です。

靴はパンプスで

礼服としての靴は、女性はパンプスが一番ですよ。

ぺたんこ靴、サンダル、ハイヒール、ブーツなど様々な靴がありますが、パンプスは、女性としての品が出ます

くつとしての形もきれいで、ヒールがちょうどいい高さがあるので、足先が美しくうつるんです。

あなたはヒールがない方が好きですか?

ただし、ぺたんこ靴ではヒールがなく上品さに欠けてしまいます…。それと、ハイヒールはヒールが高すぎて上品さが損なわれてしまうんです。

サンダルはカジュアルなので、フォーマルな場では適しません。

足先・かかとは隠すのが基本

おしゃれな靴というと、デザインにこったサンダルやヒールを想像しませんか?

結婚式・披露宴なとのフォーマルな場で選ぶ靴は、足先、かかとは隠す必要があります

サンダルなどは、足先があいていてカジュアルなのでNG。

パンプスでも、一部足先やかかとがバンドで留めるタイプもあるようです。ややカジュアル寄りとされるので、新婦に、出席される方たちのことを聞いて、カジュアル寄りでも大丈夫か確認しておきましょう。

最近はブーツやサンダルなんて人も多い

注意したいのがここ。実は最近の結婚式でのお呼ばれドレスで、ブーツやサンダルで来る人が増えているということなんです。

もしかしたら、あなたの周りの友達も「よく分からないからブーツにしようかな~」と言っていたり、新婦になる友人も「あまり気遣ってくれなくても大丈夫だよ」と言ってもらえてるかもしれません。

また、店員にも、「最近はブーツも流行ってるんですよ」と薦められることもあるかもしれませんね。

ただし、それはどれだけ信じていいのか…

不安になったら、カジュアルでいいか、すこしフォーマルにしたほうがいいか、新婦になる友人に確認してください。念のため、どんな人が来るかも聞いておくといいですよ。

友達ばかりならカジュアルにできますし、親族や大人が多いなら、フォーマルにしたほうが無難です。

どんな場合も、パンプスなら気にせず履けますよ。

もし、パンプスで他の人と差をつけるなら、バックリボンのパンプスはいかがでしょうか?
パンプスは、他との人とかぶりやすいアイテム。少しでも他の人と違うもので演出できる、おしゃれアイテムです。

通販にこんなのがありますよ

キュートなバックリボンパンプス サテン地
キュートなバックリボンパンプス サテン地

(クッション入りで疲れにくいんです。)
 


昼と夜の、靴の選び方のポイントの違いは…

【昼】 露出の少ないパンプスにする。ゴールド、シルバーの光り物は避ける(靴やバッグなら光り物でもいいとされています)。
【夜】 ゴールドなどの光るものにする。サンダル、ブーツはカジュアルなので避ける。

※どちらの場合も、必ずストッキングを着用してください

 

靴って小さいところですが、意外に目立つパーツの一つ。迷ったらパンプスにすればいいし、バックリボンなら目立たずおしゃれできるのでオススメです。

でも、もしかしたらあなたはパンプスは苦手で、苦痛だということがあるかもしれません…。

それでも式が円滑に進んで、無事に進んでくれたら、こんなにうれしいことはないですよね★それに、上のパンプスはクッションもあって、痛くなりにくいですよ。心配だったら、新婦になる友人に、パンプスじゃなくてもいいか確認しておくといいですね。

楽しい結婚式になることをお祈りしています★

もう少し結婚式に着るお呼ばれ用の靴に関するマナーを知りたかったらこちら
とある結婚式の服装に悩む姉と結婚式場で働く妹の会話
結婚式に履くお呼ばれ用の靴 気をつけることはどんなこと?

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ